Expressive Art Therapy

表現アートセラピー(Expressive Art Therapy)は、アメリカ発祥のアートセラピーの一種です。

“セラピー”と聞くと、傷を癒すための行為のように聞こえますが、
私たちが普段、自分のケアのために美容室や歯医者さんに通うように、
五感を使って表現することは、とても大切なこころのトリートメントになってくれます。

表現アートセラピーでは、今あるがままを表現することに集中し、分析などは行いません。
分析、診断や判断は行いませんが、表現することを通して感じたことや、
表現を受け取る中で感じたことなどを正直にシェアすることで、今の状態に気付きやすくなります。

ついやってしまうクセや、些細な行き違いや小さな我慢、小さなモヤモヤ。
ひとつひとつは取るに足らないようなことだったりするし、
そんなことを気にしていても仕方がないと思うかもしれません。
でも、小さな自己否定や他責の念が、知らず知らずにつもりつもっているのだとしたら?
巨大なゴミの砂漠に、小さな自分が必死で助けを待っているのだとしたら?

挑戦することよりも無難にやり過ごすことや、あきらめることに慣れてしまうと、
自分が一体何を大事に生きてきたのか、どんなことが嬉しかったのか、
そういうとてもシンプルなことさえ、簡単にわからなくなってしまいます。

まずは小さな頃に親しんでいた画材を手に取って、手を動かしてみよう。
私のこころの色もかたちも、私が思うように表現して良いのだと思い出すことが最初の一歩です。

どんな人に向いている?

表現アートはどんな人にも向いていると思います。
言語表現があまり得意でない人はもちろん、普段は左脳を一生懸命使って情報処理をしている人も、
「いまここの感覚に立ちかえる」ことに集中するのは大事な体験です。
ただし、感覚よりも思考で「うまく描こう」と考えてしまったり、
「〇〇が治る」「〇〇な結果が欲しい」という思いに固執してしまうと、
素直な体験を妨げることになってしまうかもしれません。
「よくわからないけどやってみる」ことに集中してみてください。
もしもあなたが表現に苦手意識を感じるのだとしたら、
そんな自分の対話に取り組む絶好のチャンスです。

最近イライラしてしまう
過去の辛い思い出にとらわれている
幸せになりたいのに、なってはいけない気がする
家族や職場の対人関係に悩んでいる

日常的な困りごとや、深いお悩みまで、
私たちの悩みの形や深度はざまざまです。
どんなテーマを扱っても、自分が自分と向き合いたいと思うだけ、
表現アートは、きっとそれを手助けしてくれるはずです。

*精神疾患の診断のある方、投薬中の方、深いトラウマのある方は事前にご相談ください。
 状況によってはセッションを行うことができない場合がありますのでご了承ください。

*イラストレーターの私がカウンセリングを行うようになった理由は、
 プロフィールページをご覧ください。

お申込み・お問い合わせ

LINEで友達追加していだたくか、インスタのDMよりお気軽にご連絡ください。
LINEに友達追加をしていただくと、関西に行く際の日程や、対面ワークショップなどのご案内を送らせていただきます。

オンラインセッションの注意事項

  • zoomを使います。wifiなど安定した通信環境にてご参加ください
  • zoomはカメラ・マイクオンにてご参加ください
  • オンラインの場合、画材は100円ショップなどで購入できるものをご案内します
    (大体500円くらいで揃うものをご案内します)
  • ご自身の感覚や気持ちと向き合う時間となるので、静かに一人で過ごせる環境からご参加ください
    (ワークに集中するため、出先でのご参加やお子さんのいる場所などからのご参加はご遠慮ください)